2020年03月16日

【教えて】産後の骨盤矯正が得意な埼玉県さいたま市大宮区の整体院は?

院長からのメッセージ

『埼玉県さいたま市大宮区で口コミ評判1位の整体院。産後の骨盤矯正をしたい方や体重や体形戻しに体質改善したいママ向け専門サイト。骨盤のゆがみ・ぽっこりお腹・大尻でパンツ入らない・下半身太り・腰痛・スタイル回復へ。』

埼玉県さいたま市大宮区で産後の骨盤矯正でお困りならこちらの整体院のホームページにアクセスしてみてください。

公式サイト

産後の骨盤矯正が得意な埼玉県さいたま市大宮区の整体院

産後の骨盤矯正コラム

ランナー膝は別名をランナーズニーといい、ランニングやジョギング等自身の筋力に見合わない距離を走ってしまうことで、膝の関節に過剰な負担を与えることが要因で出現する最も厄介と言われる膝の痛みです。思いもよらないかもしれませんが、現実に坐骨神経痛を治すために開発された治療薬というのはなくて、利用されているのは痛みを抑えるロキソニン等の鎮痛剤や交感神経をブロックするブロック注射のような対症療法を思わせる薬剤しか存在しないのです。関節の変形が酷くなる外反母趾を治療する際に、保存療法を実施しても強い痛みが治まらないか、変形が相当ひどく普段履いているような靴に足が入らないという人に対しては、どうしても手術に踏み切る次第となります。長期化した首の痛みの最大の誘因は、四六時中負荷がかかっている首の筋肉や肩の筋肉の疲労がピークとなったことで血行障害が引き起こされることとなり、筋肉内部に必要以上にたまった乳酸やアンモニアなどの疲労物質にあるということが大抵のようです。日本人にとても多い肩こりは、そうなってしまう原因も解消のノウハウも極めて多種多様で、病院へ行っての専門的な治療、マッサージのような民間療法、食事の内容やライフスタイルの見直し、柔軟体操などが有名です。東洋医学の鍼治療をしてはいけない坐骨神経痛の一つに、妊娠時にお腹の赤ちゃんが坐骨神経を圧迫するため出るものがあり、そんな状態になっている所に鍼を打つと、流産しやすくなる恐れが非常に高いのです。医療機関の治療の他にも、鍼治療の効果でも日頃の歩くことすら大変な坐骨神経痛の痛みが楽になるのであれば、1回は受けてみるのも一つのやり方だと思います。膝周りに疼痛が起こる原因が何であるかにより、治療はどのように進めるかは自ずと違ってくるものですが、猫背や肥満体型、改善すべき生活習慣がしつこい膝の痛みをもたらしているという場合もかなり報告されています。猫背の姿勢になってしまうと、重い頭部を支えている首の筋肉に常に負担がかかる状態になり、しつこい肩こりの原因となるので、不快な肩こりを根本的に解消するには、ともあれ元凶である猫背を解消した方がいいです。今の時代は、メスを入れて骨を切る手術を行ったというのに、入院する必要がないDLMO手術も浸透しており、外反母趾の効果的な治療法の候補の一つという扱いでよく実施されています。昨今は検索エンジンで「肩こり解消グッズ」というワードで表示された検索結果を確認すると、膨大なお助けグッズが検索ワードに引っ掛かって、取捨選択するのに困るくらいです。長い期間思い悩まされている背中痛なんですが、過去に専門機関に出向いて調べてもらっても、痛みの要素も治療法も明白にできず、整体治療を始める決断をしました。ジンジンとした膝の痛みを感じている時に、同時進行的に膝を曲げたり伸ばしたりしにくくなったり、腫れたり発熱があったり、風邪を引いたようになったり、身体の別の部分にも症状が出てしまう実例があるので注意深く経過を観察する必要があります。我慢できないほどの痛みを伴う腰痛が起きても、ほとんどの場合レントゲンを撮って、鎮痛作用のある薬が出され、腰に負担を与えないようにと勧告されるのみで、前向きな治療取り組むということは、なかったといっても過言ではありません。外反母趾治療のための手術の術式は数多くあるのですが、一番多く実行されているのは、中足骨の一部を切って、親指の向きを治す手法で、変形がどの程度進んでいるかによりふさわしい方法を選定して施術するのが基本です。

posted by きんたろう at 10:41| 日記