2020年03月12日

【教えて】股関節の痛みが得意な渋谷区恵比寿の整体院は?

院長からのメッセージ

『渋谷区恵比寿の股関節痛。アメリカ公認カイロドクターの院長がカイロプラクティック・整体施術とセルフケアを組み合わせた独自の施術法を行います。股関節の痛みが病院の治療や薬で改善しなかった方、手術や薬を使わずに改善したい方、術後のリハビリに向けてを改善する方法をお伝えしています。』

渋谷区恵比寿で股関節の痛みでお困りならこちらの整体院のホームページにアクセスしてみてください。

公式サイト

股関節の痛みが得意な渋谷区恵比寿の整体院

股関節の痛みコラム

マラソンなどが原因の膝の痛みが感じられる時、同時進行で膝の動きが硬くなったり、腫れがあったり熱を感じたり、風邪を引いたと勘違いするような症状が出たり、膝以外の身体の部位にも症状が出てくる症例もあるので気をつけなければなりません。長時間に及ぶマラソンなどによって鈍い膝の痛みがもたらされるポピュラーな病気としては、運動時にひざの内側に痛みが出る「鵞足炎」膝の外側に痛みが発生する「腸脛靭帯炎」がまず挙げられ、この2つの病はランナー膝という膝のスポーツ障害です。あなたは、「膝周りがうずくように痛い」と感じた記憶はありますか?多分1回くらいはあるのではないかと推察いたします。確かに、厄介な膝の痛みに悩む人は極めて多く存在しています。外反母趾が進行していくと、痛みの度合いや足指の変形がとんでもないことになるため、治療は不可能と勘違いする人を見かけますが、正しい治療で確実に治療できるので心配することはありません。専門医の治療を受けながら、膝関節を安定させ衝撃を緩和するために膝用のサポーターを使うようにすれば、膝の関節にもたらされる負担が少なからず低下しますから、鈍い膝の痛みが思いのほか早く良くなることが期待できます。外反母趾治療の方法として一般的な運動療法と呼ばれるものには、そもそもその関節を動かす役割の筋肉を用いて自分の意思や筋力で関節を動かす自動運動と、関節を動かす役割のない筋肉や、専門の器具、作業療法士等、他者の力を利用して関節の動く範囲を広げて動かす他動運動の二つが損際しています。頚椎ヘルニアに罹った場合は、服薬であるとか外科的手術、整体等々の治療法を利用しても、完治することは考えられないという考えの方もいます。その一方で、現実的に快復したという方々も少数ではないとのことです。全身麻酔に対する不安や大量出血への恐れ、継続が必要なリハビリや予想できる後遺症といった、かつての手術方法へのトラブルを解決へ導いたのが、レーザー光線を使ったPLDDという施術法での椎間板ヘルニア治療です。痛くて辛い外反母趾の悩みを抱えながら、結論として治療そのものに諦めを感じているという方は、まず最初に逡巡しないで最大限に近い時期に専門の医療提供施設で診察してもらいましょう。大半の人がいっぺんは経験するであろう首の痛みとはいえ、痛みを引き起こす原因の中には、非常に怖い病が進行している例があるのを心に留めておくべきです。思いもよらないかもしれませんが、実を言うと坐骨神経痛を治療するための薬などというものは存在しておらず、治療に用いるのは痛みに効果のある鎮痛剤または鎮静剤やブロック注射のような対症療法に近い薬剤しかありません。当クリニックでは、ほぼ90%の患者様が鍼灸治療を効果的にやることで、頚椎ヘルニアが誘因となる手部のしびれとか面倒な首の痛みを解消させております。お悩みなら、足を運んでみるべきです。頚椎ヘルニアの治療法として効果があるとされる保存的療法に関しては、マッサージ等々の理学的療法や、頚椎牽引療法と言われるものがあるわけです。あなたにピッタリくるものによって治療を進めなければいけません。外反母趾を治療する方法である運動療法というものにおいて注意すべき点は、足の親指の付け根のところにある関節が15度以上曲がった状態で固着されてしまうのを回避すること、並びに親指の付け根にある筋肉の母趾外転筋の筋力向上です。医師による専門的治療以外にも、鍼灸治療を受けることによっても連日の深刻な坐骨神経痛の痛みや麻痺などの症状がほんのちょっとでも楽になるなら、1度くらいは試してみるのも悪くないと思います。

posted by きんたろう at 10:21| 日記