2020年03月05日

【教えて】坐骨神経痛が得意な三鷹市の整体院は?

院長からのメッセージ

『このサイトは、坐骨神経痛でお悩みの方が来院する東京都三鷹市のカイロプラクティック整体院の院長が、その原因や施術方法からセルフケアなどを説明した専門サイトです。病院で手術をすすめられたがそれ以外の方法を探している、整形外科では経過観察と言われたが3か月以上なかなか治らない方、発症して間もないのでなるべく早期に回復したい方の参考になれば幸いです。』

三鷹市で坐骨神経痛でお困りならこちらの整体院のホームページにアクセスしてみてください。

公式サイト

坐骨神経痛が得意な三鷹市の整体院

坐骨神経痛コラム

諸々の要因の一つに挙げられる、腫瘍によって足のしびれや強い痛みを伴なう坐骨神経痛が起きた際は、ズキズキとした痛みが極めて強く、保存的な加療だけではいい結果は得られないという問題点があります。スマホやPCの使用による深刻化した眼精疲労のせいで、我慢できない肩こりや頭痛に見舞われるというケースもあるので、蓄積した眼精疲労を治療して、嫌な肩こりも酷い頭痛も100パーセント解消しませんか。保存的療法というのは、外科手術をしない治療ノウハウのことで、ほとんどの場合進行していない椎間板ヘルニアは、保存的加療で治療しても30日前後継続すれば痛みのほとんどは軽くなります。外反母趾治療のための運動療法という筋肉を鍛える療法には、もとからその関節を動かす筋肉を利用して関節可動域で自力で関節を動かす自動運動と、それ以外の部分の筋肉や専門の機器、理学療法士等、別の人の力を用いて自分で動かしにくい関節を動かす他動運動が知られています。足のしびれや強い痛みを伴なう坐骨神経痛の誘因が分かっているのであれば、原因となっているもの自体を取り払うことが本質的な治療になりますが、何が原因か判断がつかない時や、原因が取り除けない状況にある時は対症療法を用いることになります。外反母趾が進行するにつれ、痛みや骨格の変形が想像以上になるため、元に戻ることはないと勘違いする人を見かけますが、ちゃんと治療を行えばきっちり満足の行く結果になるので悲しむ必要はありません。外反母趾の治療を目的として、手指による体操も、幅広のゴムバンドを用いて行うホーマン体操も、自身で実施するものではありますが、外からの力を使った他動運動に当たるため効率的な筋力アップは望めないことを理解してください。ジョギングなどによって不快な膝の痛みに襲われる一般的な疾病は、膝の内側から膝下にかけて痛む「鵞足炎」膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こして痛みが出る「腸脛靭帯炎」が考えられますが、この2つはランナーズニーと言われる膝周囲のランニング障害です。頚椎ヘルニアにつきましては、手術であったり薬であったり、整体といった治療法をやってみたところで、回復することはあり得ないという考えの方もいます。その一方で、整体によって完治したという方も少なくないようです。信じられないかもしれませんが、実際坐骨神経痛のために開発された治療薬というものは残念ながら存在せず、使われるのは痛みを軽減する鎮痛作用のある薬やブロック注射をするといった対症療法と言った方がいいような薬という事になります。頑固な膝の痛みは、しっかりと休憩を確保せずに過剰な運動を延々続行したことによる膝の動かしすぎや、不可避の出来事による急な負傷によってでることがあるので注意が必要です。最近は、足の親指の骨切りを実行しても、すぐに帰宅できる日帰りDLMO手術も普及しており、外反母趾の治療方法としての手段の一つとして挙げられ利用されています。外反母趾の一般的な治療法である手術療法のやり方は様々なものがありますが、最もポピュラーなのは、第1中足骨の骨を切って正しい向きに矯正する方法で、変形の進み具合により方式を採用して行うことを基本としています。現代人に増えている腰痛は多種多様な要因で引き起こされるので、診療する医師は問診票への記入とそれをもとにした診察、レントゲンやMRIなどの画像検査をすることによって、腰痛の出現にいたったおおもとの原因に合わせた治療を設定します。現代病とも言われる腰痛は、その人その人で発症するに至った誘因も痛みの強さも違ってきますから、個々の原因及び痛みの強さをちゃんと見極めてから、どのように治療を進めていくかを決断するという方法をとらないのは危ないのでお勧めできません。

posted by きんたろう at 10:41| 日記