2020年03月01日

【教えて】腰痛が得意な神戸市・谷上の整体院は?

院長からのメッセージ

『このサイトは、神戸市北区で口コミNo.1のカイロプラクティック整体院の院長が、これまでの豊富な経験や臨床例をもとに、腰痛に悩まされている方や、腰痛を繰り返している方に向けて、腰痛の原因とそのメカニズム、改善方法や予防策について詳しく解説した専門サイトです。少しでも改善のお役に立てれば幸いです。』

神戸市・谷上で腰痛でお困りならこちらの整体院のホームページにアクセスしてみてください。

公式サイト

腰痛が得意な神戸市・谷上の整体院

腰痛コラム

診療所などで治療を受けた後は、日頃の動きで猫背のような悪い姿勢を正したり力がかかりやすい腰の筋肉を鍛えて筋力を上げたりという事を怠ると、症状が出てしまった椎間板ヘルニアに関連する問題は解消することはないでしょう。鍼によって行う治療をしてはいけない気をつけるべき坐骨神経痛として、お腹の中にいる赤ちゃんに神経が圧迫されて症状が現れているものがあり、この状態に鍼治療をしてしまうと、流産しやすくなることも考えられます。頚椎ヘルニアにつきましては、手術であったり薬であったり、整体という様な治療法に頼っても、効果があるはずないと酷評する方も見られます。しかしながら、確実に正常化したという人も沢山います。医療機関で治療を行うと同時に、膝を守るために膝のために作られたサポーターを駆使すれば、膝が受けるストレスが少なからず和らぎますから、鈍く重い膝の痛みが思いのほか早く改善することが見込めます。坐骨神経痛への一般的な対応では、治療のスタートから手術が実施される事例は実はそれほどなく、薬か若しくは神経ブロックで思わしい結果が得られなかったとか、神経の圧迫による膀胱直腸障害が発生している時に選択肢の一つになります。悲鳴を我慢することができかねる背中痛になるきっかけとして、脊柱側弯症あるいは骨盤の形状異常、背骨の湾曲等々がイメージできます。医療機関にお願いして、確実な診断を受けるべきです。お尻や太ももの裏がしびれる坐骨神経痛の治療を行う際に、腰のけん引を実施する医療機関もたくさんありますが、その種の治療法は筋肉を硬くするかもしれないので、しない方向で進める方が安全です。外反母趾の治療方法である運動療法という方法には、元来その関節を動かす筋肉を利用して自力で関節を動かす運動と、関節とはかかわりのない他の筋肉や、他動運動機器、専門の作業療法士等、他者の力を使って自分で動かしにくい関節を動かす他動運動が広く認められています。痛みを伴う頚椎ヘルニアに陥っている人が、整体を利用してみるべきかどうかは、様々なご意見があると思いますが、治療が済んだ後のリハビリテーションや予防をしっかり行うという狙いであれば、有益だと考えます。現代人に増えている腰痛は色々な誘因によって引き起こされるので、専門医は問診に多くの時間を割き、レントゲンやMRI、場合によっては脊髄造影検査などの画像診断を行って、その腰痛のきっかけとなったものに対応した治療の構成を決定します。マラソンなどにより鈍い膝の痛みがもたらされる一般的な病気としては、膝の内側に痛みが生じる「鵞足炎」膝関節の外側に痛みが出る「腸脛靭帯炎」がありますが、この2つの病はランナーズニーといういわゆるランニング障害です。嘘みたいな話ですが、消炎鎮痛剤の効き目が思わしくなく、長期間苦痛に耐えてきた腰痛が、整体法を用いた治療で素晴らしく改善が見られた事例が珍しくないのです。膝部周辺に疼痛が出現する主だった要因により、いかような治療手段を採用するかは異なってくるものですが、悪い姿勢や太り過ぎ、ライフスタイルが長期的な膝の痛みを誘発しているシチュエーションも多々あります。首の痛みの他、手や足の感覚がおかしいという自覚症状などが生じている場合、頚椎(首の骨)に命を危険にさらしかねない深刻な健康上のトラブルが現れていることも考えられるので、警戒を要します。椎間板ヘルニアのヘルニア部分に発生した炎症を緩和しているというのが実情なので、治療が終了した後でも身体が前かがみになったり少しばかり重いものをなりふり構わずにピックアップすると、特有の症状が逆戻りしてしまう恐れがあります。

posted by きんたろう at 20:47| 日記