2020年02月28日

【教えて】関節リウマチが得意な大阪市天王寺の鍼灸院は?

院長からのメッセージ

『このサイトは、遠方からも『関節リウマチ』に悩む方が来院する鍼灸整骨院の院長がその原因や予防方法からセルフケアなどを分かりやすく解説した専門サイトです。『関節リウマチ』でお悩みの方、クスリに頼らない手段をお探しの方は是非、参考にしてみてください。』

大阪市天王寺で関節リウマチでお困りならこちらの鍼灸院のホームページにアクセスしてみてください。

公式サイト

関節リウマチが得意な大阪市天王寺の鍼灸院

関節リウマチコラム

深刻な外反母趾を治療する時に、保存療法での改善を試みても痛みが継続するか、変形が相当ひどく一般的な靴を履くのが困難になっている方には、必然的に手術に踏み切る流れになってしまいます。ランナー膝(ランナーズニー)という病名がありますがこれは、長時間に及ぶマラソン等自身の筋力に見合わない距離を走りきることにより、膝関節に過剰な刺激をかけることが誘因となって生じてくるなかなか治らない膝の痛みです。現在はPCを利用して「肩こり解消グッズ」などの検索ワードを打って検索した結果を確認すると、あきれるほど多くのアイディア品が検索ワードにヒットして、ピックアップするのが困難であるほどです。悪化すると恐ろしい病である頚椎ヘルニアになってしまっても、正当な診断を早期の段階で受けてすぐさま治療に取り組んだ人は、治療後に酷い症状に苦しむことなく安穏として日常生活を送っています。ズキズキとした膝の痛みが感じられる時、同時進行で膝の曲げ伸ばしが困難になったり、赤く腫れたり熱を持ったり、風邪と思われるような状態になったり、膝以外の身体の部位にも異変がでることがあるので注意が必要です。背中痛や腰痛のケースは、耐えられないような痛みやのしかかる様な痛み、痛みの正確な位置や何時間痛みと戦っているのかなど、患者本人だけしかわからない病態ばかりなので、診断もより慎重さが求められるというわけです。驚かれるかもしれませんが、本当のところ坐骨神経痛を治すための治療薬というのはなくて、治療薬として使われるのは痛みを止める鎮静剤・筋弛緩薬や神経の伝達を遮断して苦痛を軽減するブロック注射を行うなど対症療法に似た薬になるのです。テーピングとは、痛くて辛い外反母趾を手術に踏み切ることなく治療するものすごく効果の高い治療技術と言え、数万件に至る多くの臨床例からも「保存的な療法として確定している」という事は間違いないのではないかと思います。首の痛みだけにとどまらず、手足の感覚障害などがあるのなら、頚椎部に生き死に関わる大きなトラブルが現れている危険性が高いので、注意しなければなりません。外反母趾の効果的な治療法である運動療法という方法において大切なポイントは、母趾の付け根部分の関節がひらがなの「くの字」型のまま固着するのを防御すること、それから母趾の付け根についた筋肉である母趾外転筋の筋力を鍛えることです。思い至る原因の中でも、腫瘍によって太もものしびれやお尻の痛みがある坐骨神経痛になったケースでは、痛みの度合いが極めて強く、保存的加療を行うだけではいい結果は得られないということになります。腰や足に激しい痛みやしびれを引き起こす椎間板ヘルニアの治療における一番の目的は、逸脱してしまったヘルニアを元に戻すことというわけではなく、出っ張った部分にある炎症を無くしてしまうことだと念頭に置いてください。不眠も肩こりの度合いに大変大きく影響することがわかっており、睡眠に費やす時間を身体に負担がかからないようにしたり、いつもの枕を肩こり向けに設計されたものに変えたりしたことで、肩こりの解消ができたというような役に立つ情報も色々なところで伺います。自分の身体のコンディションをあなた自身で判断して、安全な範囲をうっかり超えてしまわないように事前に抑えるという努力は、自分で行える椎間板ヘルニアを少しでも改善するための治療テクニックと言っても過言ではありません。外反母趾を治療する方法である筋肉を運動させる運動療法には、もとからその関節を動かす役割の筋肉を利用して関節可動域で自力で関節を動かす自動運動と、関節とは無関係の筋肉や、器具、理学療法士や作業療法士のような専門家等、他の力を利用することで関節の動く範囲を広げて動かす他動運動が認知されています。

posted by きんたろう at 10:43| 日記